2020年の演奏曲目と振り返り

 

2020年はコロナウイルスの猛威によって演奏活動が難しくなり、苦難の年となりました。緊急事態宣言解除後の年後半から徐々にお客様入場可のコンサートが再開するようになりましたが、ソーシャルディスタンスや常時換気、消毒の徹底など、今までに以上に気をつけないといけないことが多くなりました。この大変な状況下の中でコンサート開催を決断してくださった関係者の皆様には頭があがりません。また、今年は例年に比べて、オンライン配信や演奏収録に関わることが多くありました。コロナによって生まれた状況ゆえにということでもありましたが、今の時代の音楽発信の新しい形なのかなと強く感じました。

 

今年はベートーヴェンの生誕250周年ということで、僕自身も例年に比べてベートーヴェンの作品を弾く機会が多かったように思います。 また、敬愛するグリーグの抒情小曲集の新曲を新たに取り組めて良かったなと思います。コンサートにお越しくださる方からは「好き過ぎか!」と言われそうですが・・・。

 

コロナ自粛期間は辛いことだけではなく、新たな作品に触れる時間もありました。昔から触れてきた作品をより深めつつ、新たな作品にも挑戦し、程よいバランスを大切に来年も精進したいと思います。(2021年はモーツァルトとシューマンの新曲を何かやりたいです・・・。)

 

2020年12月30日 西村翔太郎

 

※作曲家時代順に記載しております。作品名の後にカッコで年内の演奏回数、また初めて舞台で演奏した作品(初出し)については(初)と付けております。

 

[ピアノソロ]

 

ハイドン:

アンダンテと変奏曲 へ短調 Hob.ⅩⅦ:6 (1)

 

ベートーヴェン:

自作主題による6つの変奏曲 へ長調 op.34 (初・1)

ピアノソナタ第3番 ハ長調 op.2-3 (1)

ピアノソナタ第14番 嬰ハ短調 op.27-2「月光」 (1)

ピアノソナタ第21番 ハ長調 op.53「ワルトシュタイン」 (4)

ピアノソナタ第26番 変ホ長調 op.81a「告別」(1)

ピアノソナタ第28番 イ長調 op.101 (初・2)

 

ショパン:

バラード第1番 ト短調 op.23 (1)

ポロネーズ第6番 変イ長調 op.53「英雄」(初・3)

 

リスト:

リゴレット・パラフレーズ (1)

巡礼の年第2年「イタリア」S.161 より ペトラルカのソネット 第104番 (2)

スケルツォとマーチ S.177 (2)

 

グリーグ:

「抒情小曲集」より

op.12-1 アリエッタ (4)

op.12-2 ワルツ (1)

op.12-3 夜警の歌 (初・3)

op.12-4 妖精の踊り (初・1)

op.12-5 民謡 (初・1)

op.12-6 ノルウェーの旋律 (初・1)

op.12-7 アルバムの綴り (初・1)

op.12-8 祖国の歌 (初・2)

op.54-3 こびとの行進 (2)

op.43-5 愛の言葉(4)

op.65-6 トロルドハウゲンの婚礼の日(4)

op.71-4  森の静けさ(初・3)

 

 

レパートリーTop 2019年→